東名ふじもりクリニック

東名ふじもりクリニック|名古屋市、名東区の脳神経外科,内科,神経内科

〒465-0026 愛知県名古屋市名東区藤森2-237
TEL:052-773-1010
トップページ»  雑談1

雑談1

雑談

新型コロナを第2類感染症扱いから、インフルエンザと同じ第5類に変えようというのが、お上の方針らしいです。5類に変えたところで新型コロナそのものは同じです。
季節性インフルエンザに関していえば、毎年1000~3000人の死亡者が出ているのに、慣れと治療薬があるのとで、安全性のあるありがたいインフルエンザワクチンを接種しない人も多いですが・・。だから5類でもリスキーなんです。肺炎一般でいえば、癌・心疾患・脳血管障害の3大死因に続き、毎年トップ5~6~8に常に肺炎はランクインしているはずです。
今そこにある危機(Clear and Present Danger)で言えば確実に交通事故死が毎日の心配事です。年間10000人くらい死者がでます。はるかに死亡確率は高いです。
話をウイルスに戻して・・・私は何年も前より学会での新幹線利用時、及び学会会場には必ずマスクを持参しています。4~5月と10~11月が学会シーズンで風邪の季節ではないのですが、1人や2人は咳をする人が必ずいます。マスクは閉鎖空間では必須です。場合によっては、マスクだけでなく品川駅に着くまで30分くらい席をはなれ、乗車扉のところで立つこともあります。今もこのような事を毎日おこなっているだけで、あまり日常生活に不都合はなくコロナに過度には反応していません。
お上が5類にするというのは、だれもが感じているように、3-4月の感染死亡率より今のコロナウイルスは弱くなっているという専門家の”うら”がとれたからではないでしょうか?
私個人としては、インフルエンザワクチンはできれば例年通り、お子様なみに2回打ちたいと思いますが、新型コロナワクチンは副作用をみるまでは打つつもりはありません。
有効性はなくても許せますが、安全性は大切です。そのうちさらに死亡率が下がる事も期待しますし。いち早くワクチンを開発したお国自慢にしている面もあるような気がします。

しびれ”難民”

手足のしびれ・痛みを主訴に来院される方は、脳神経外科・神経内科だけでなく、整形外科を含めると非常に多いです。
頭部CT・MRI、頸椎・腰椎X線などは、やっておくべき時代ですが、多くは異常なしです。
「では大丈夫です。」で終わりにするか、診察を進めて「こういう原因が考えられます。だからこうしてみましょう。」の二通りの方法があります。私はなるべく後者を選択するようにしています。
本来は整形外科で治療していいのに、ざるのように見落とされている”絞扼性神経障害”を頭痛の次くらいの頻度で診療しています。
しびれ難民が多いのには驚きます。